見えないDNAって、やっぱりありますね。

よく、家族内で顔つきからして誰かしらと似ている、なんて知り合いだったり、見ず知らずの人であっても街中でふとすれ違うと(そっくりだなー)なんて思ってしまう位、明らかに同じDNAだなって目に見える家族も居ると思うんです。
でも、私の家族の場合って、母と父と姉も居るのですが、パッと見た感じでは他人に近いんです。
人からも「あー、目?パーツだと、」とパーツ毎に、その部分は「お父さんじゃない?」とか「そこはお母さんじゃない?」みたいに、もちろん姉とも似ていなくって…と、まあ、そこで何か嫌だって事は何も無いのですが、たまに(私の家族って似ていないよなー)って思う事がにあるんです。
でも、見た目がハッキリと遺伝を受け継いでいなくとも、中身ではやっぱり同じDNAだなって、思う部分があるんです。
まず、母から貰ったDNAには、お酒が滅法弱い所が丸っきり同じだなって成人して歳を重ねる毎に実感する…というのか、させられてしまいます。
飲めない事はないのですが、ちょっと強いのを飲んだりすると、もうダメで、すぐに顔が赤くなってしまうんです。
なので「お酒弱いんです」という説得力が顔に表立って出てくれる所は、職場の人との食事の席で嘘を言っていないというのが認識されやすくて、最近では助かっています。
もっぱら食の方にばっかりお箸が伸びているのですが、「○○さんすぐ赤くなるからな~」って言葉で済むから気楽だったりもします。
中には私と同じ位にお酒が弱いのに、あまり顔に出ないからお酒を進められている人も居るらしいので、それは可哀想だなって思うので、本当は飲めれば良かったなと思っていたマイナスな事も、今じゃむしろプラスの方になっていたりもします。
母からは、ちょっと心配性な所も頂いてしまったのですが、それもありがたい事に「親切」と「優しさ」に受け取ってもらえている…みたいですので、ただの心配性なだけなのに、ちょっと騙しているようで申し訳なかったりもするのですが、マイナスな方では無くなっているので良かった点です。
ただ、父の遺伝子で厄介なのは…肌質がちょっと地黒な所です。そこはマイナスな面です。
女性ですから色が白い肌に憧れるので、初めっからちょっと黒めな肌だと…憧れの色素薄い系には、どうやったって届かないので、少し悲しいです。
母は、色が白いんですけどね、そこは何故か姉の方に行ってしまい、性格は母似の肌質が父似という私なんです。
姉は、その逆だったりして、見えない部分では私達は親子なんだなって感じる日々、今日この頃です。